東京都心は9日ぶりの真夏日 熱中症や雷雨にも注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京都心は9日ぶりの真夏日 熱中症や雷雨にも注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


東京都心では昼前に気温が30度以上となり、9日ぶりの真夏日となっています。このあとも蒸し暑さが続くため、熱中症に注意が必要です。また、大気の状態が不安定になっており、東京23区にも雨雲のかかっている所があります。

東京都心は9日ぶりの真夏日

きょう11日、東京都心では雲が多めながらも時折日が差し、午前中から気温がグングン上がりました。気温は30度以上となり、9日ぶりに真夏日となっています。湿度は70%くらいで経過しており、蒸し暑くなっています。不快指数は80以上で、ほぼ全員が不快に感じるような暑さとなっています。

このあとも、蒸し暑さが続きますので、熱中症にご注意下さい。のどの渇きを感じる前にこまめに水分をとりましょう。汗をたくさんかいたら、適度に塩分をとるようにして下さい。室内では適切にエアコンを使い、無理のないようにお過ごし下さい。マスクをしていると熱がこもりやすく、熱中症のリスクが高まります。人と十分な距離をとって、マスクを外して休憩するのも熱中症予防のポイントとなります。

急な雷雨に注意

また、きょう11日は、関東も所々で雨雲が発達しており、午前11時半現在は東京23区にも雨雲のかかっている所があります。

午後も関東地方は大気の状態が不安定です。所々で雨が降り、カミナリを伴ってザっと雨脚の強まる所もあるでしょう。急な雷雨にもご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい