東北 大雨のおそれ 今夜から強まる雨は12日にかけて断続 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 大雨のおそれ 今夜から強まる雨は12日にかけて断続

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


東北地方も大雨のおそれがあります。雨は強弱を繰り返しながら長引き、12日(日)にかけても降るおそれがあります。自治体からの情報はすぐに確認出来るようにしておきましょう。がけ崩れや浸水に注意、警戒し、増水した川や用水路には近づかないようにしてください。

雨が広く強まるのは、きょう10日(金)夜から

前線上の日本海の低気圧からのびる前線が東北地方を北上し、あす11日(土)にかけて東北地方にかかるでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、前線の活動は活発になる予想です。東北地方は10日(金)夜から広く雨となり、11日(土)にかけて、雨の強まるところが多くなるでしょう。

【予想雨量(多いところで)】※10日14時 気象庁報道発表資料による

11日12時までの24時間 100ミリ

12日12時までの24時間 100ミリから150ミリ

12日12時までの48時間 150ミリから200ミリ

雨雲が予想以上に発達した場合には、警報級の大雨になる可能性があります。気象情報や自治体から情報はすぐに確認できるようにしておきましょう。

雨の強まる時間帯に気を付けて

低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で、発達した雨雲がかかりやすいでしょう。雷を伴ってバケツをひっくり返したような激しい雨の降るおそれがあります。道路が川のようになったり、低い道路は冠水するおそれがあります。特に夜間に強まる雨には警戒が必要です。

急な崖や増水した川、低い土地の浸水に気をつけて

上の表は、気象庁等が発表する情報と取るべき行動についてまとめています。様々な情報が発表される中で、土砂災害や川の氾濫、浸水などのの危険が迫りつつあるときに、すぐに身の安全を確保するためには心構えが大切です。自分はどの警戒ランクで、どのように行動するべきか、ハザードマップを確認し事前に取るべき行動をイメージしておきましょう。

12日(日) 小康状態の雨に油断しないで

12日(日)は、前線がいったん南下して雨は小康状態となる所が多くなりそうです。ただ、動きの遅い日本海の低気圧が、ゆっくりと東北地方に近づいて、13日(月)にかけて東北地方を通過する予想です。東北地方には日本海側や北部を中心に低気圧本体の活発な雨雲がかかり、大雨となるおそれがあります。その他の地域でも、一時的に激しい雨の降るおそれがあります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい