九州 低気圧発達 積乱雲群接近 再び大雨のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 低気圧発達 積乱雲群接近 再び大雨のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょう10日(金)午前10時現在、九州は西から活発な雨雲が接近しています。まもなく、九州北部は西から活発な雨雲がかかり始め、雷を伴い非常に激しい雨が降る所があるでしょう。今夜にかけても強弱を繰り返しながら雨が降り、大雨のおそれがあります。新たな災害の危険が高まりますので厳重に警戒して下さい。

九州北部 今夜にかけて滝のような雨のおそれ

きょう10日(金)、対馬海峡付近に停滞する前線上を低気圧が進む見込みです。低気圧はやや発達しながら朝鮮半島南岸付近を進むため、暖湿空気の流れ込みが強まり、前線活動が活発になる見込みです。

九州は北部を中心に、今夜にかけて発達した雨雲がかかりやすく、一時滝のような雨が降るおそれがあります。雨は強まったり弱まったりを繰り返し、断続的に非常に激しい雨が降る見込みです。

あす11日(土)朝にかけて予想される雨量は、九州北部の多い所で300ミリと再び大雨になるでしょう。

また、発達した積乱雲の下では、竜巻などの激しい突風のおそれもあります。空の様子に異常を感じたら、すぐに頑丈の建物の中の移動するなど、身の安全を確保して下さい。

新たな災害に厳重警戒

この大雨によって、再び河川が増水したり、氾濫するおそれがあります。また、これまでの記録的な大雨で土砂災害も起こりやすくなっています。川の側や崖の近く、山の斜面などに近づかないようにしましょう。

復旧作業などは、二次災害のおそれがありますので、雨の状況に十分に警戒して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい