東日本 6月末から日照不足と長雨 今後2週間程度は続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東日本 6月末から日照不足と長雨 今後2週間程度は続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


東日本(関東甲信、東海、北陸)では、6月25日頃から、日照時間が少なく、降水量の多い状態が続いています。この状態は、今後2週間程度は続く見込みです。農作物の管理などに、十分な注意が必要です。

日照時間は平年の半分以下も 降水量は平年の3倍も

気象庁は、9日15時「東日本の日照不足と長雨に関する全般気象情報」を発表しました。

それによりますと、東日本(関東甲信、東海、北陸)では、6月25日頃から、前線や湿った空気の影響で、曇りや雨の日が多くなりました。そのため、日照時間が少なく、降水量の多い状態が続いています。

6月25日から7月8日までの「日照時間」の平年比は、東京では70%、名古屋では59%、新潟では44%となっています。また、同期間の「降水量」の平年比は、東京では175%、名古屋では223%、新潟では306%でした。

今後2週間も 日照不足と長雨が続く

東日本では、今後2週間程度も、前線や湿った空気の影響を受けやすいため、曇りや雨の日が多いでしょう。日照時間が少なく、降水量の多い状態が続きそうです。農作物の管理などに、十分ご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい