9日 続く大雨 梅雨前線北上で九州に再び危険な雨雲 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

9日 続く大雨 梅雨前線北上で九州に再び危険な雨雲

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


きょう(9日)も西日本・東日本は大雨に。梅雨前線が北上するため、九州には再び発達した雨雲がかかり、滝のような非常に激しい雨も。新たな災害に厳重に警戒を。

前線北上 発達した雨雲も北へ

本州付近に停滞している前線が、やや北上。依然として梅雨前線の活動は活発で、九州から関東はさらに雨量が増えそうです。九州や東海を中心に記録的な大雨となっていて、新たな土砂災害や洪水の危険度が高い状態です。安全な場所で過ごして下さい。

けさは九州から関東の太平洋側を中心に、発達した雨雲がかかっています。九州の雨はいったん小康状態となっていましたが、梅雨前線の北上で昼頃からは再び非常に激しい雨の降る所があるでしょう。

また中国・四国や近畿、東海、甲信は大雨が続く見通しです。静岡県の浜松市春野では、きょう明け方に1時間に66.0ミリの非常に激しい雨を観測。このあとも断続的に激しい雨が降りそうです。岐阜県や長野県もまだまだ警戒が必要です。

関東は雨が降ったりやんだりで、雷を伴って雨脚の強まる所があるでしょう。

東北も南部ほど雲が多く、所々で雨が降り、太平洋側は激しく降ることもありそうです。

予想される雨の量

【予想降水量】

●あす10日朝までの24時間(多い所)

九州南部、九州北部、四国 250ミリ

近畿 180ミリ

関東甲信、東海 150ミリ

中国地方、北陸 80ミリ

●あさって11日朝までの48時間(多い所)

九州南部、九州北部、四国 300ミリ~400ミリ

東海 200ミリ~300ミリ

近畿 180ミリ~250ミリ

関東甲信 150ミリ~250ミリ

中国地方、北陸 100ミリ~200ミリ

晴れる所は・・・

日差しのある沖縄と北海道は、気温がグンと上がり暑くなりそうです。

沖縄は夕方までにわか雨の所がありますが、午後は次第に晴れてくるでしょう。

北海道は朝晩は雲が多いものの、日中は広く晴れる見込みです。濃い霧の発生する所がありますので、車の運転はいつも以上に慎重になさって下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい