関西 強雨とともに突風も吹いたか 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関西 強雨とともに突風も吹いたか

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


近畿地方では、8日明け方に発達した雨雲が通過し、大雨となりました。その際、突風も吹いたとみられます。

8日朝 大気の状態が不安定になり突風吹く

近畿地方では、梅雨前線や湿った空気の影響で8日朝は大気の状態が不安定になりました。発達した雨雲がかかり、1時間40ミリを超える激しい雨が降った所がありました。発達した雨雲の下で突風が吹いたとみられ、和歌山地方気象台では、4時26分に最大瞬間風速33.1メートルを観測し、7月の日最大瞬間風速の記録を更新しました(速報値)。強風の影響で、大阪柏原市役所の足場が崩れ、沿線の線路に倒壊する被害がありました。近くのアメダス八尾では、4時59分に最大瞬間風速24.7メートルを観測しています。

9日も大雨とともに突風に注意を

9日も梅雨前線が西日本に停滞するため、近畿地方では、南部を中心に激しい雨の降る恐れがあります。引き続き、土砂災害や河川の増水に警戒をしてください。発達した積乱雲の下では、突風が吹く恐れがあります。雨だけでなく、突風にも注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい