8日 非常に激しい雨のエリアは東へ 通勤時警戒 9日まで大雨長引く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

8日 非常に激しい雨のエリアは東へ 通勤時警戒 9日まで大雨長引く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


8日は九州だけでなく、中国、四国、東海でも非常に激しい雨の降るおそれ。朝の通勤時に雨のピークとなる所も。9日かけても発達した雨雲がかかりやすく、大雨が長引くでしょう。

九州は危険な雨の降り方続く

7日の日中も、九州には発達した雨雲が次々と流れ込みました。8日朝にかけても、あちらこちらで激しい雨が降り、非常に激しい雨が長く降り続く所もあるでしょう。すでに記録的な大雨となっており、災害が多発しているほか、広範囲で土砂災害や洪水の危険度がかなり高くなっています。空が暗い時間帯に再び雨のピークを迎える所が多いため、避難が難しい場合は、崖や斜面とは反対の部屋に移動する、2階以上のできるだけ高い所へ移動するなど、できる限り身の安全を確保してください。

九州だけじゃない 広く大雨のおそれ

7日はいったん雨の降り方が弱まった所も油断できません。8日は梅雨前線の位置が移動するため、滝のようにゴーゴーと降る「非常に激しい雨」のエリアが次第に東へ移動するでしょう。

中国地方は未明から朝にかけて、四国は昼前にかけて非常に激しい雨の降る所がありそうです。雨雲レーダーや自治体からの情報をこまめにチェックしてください。近畿の雨のピークは、朝の通勤時から昼過ぎにかけてで、局地的には激しい雨が降るでしょう。道路の冠水やアンダーパスなど低い場所の浸水に注意が必要です。

東海も朝から昼過ぎにかけて発達した雨雲がかかりやすく、非常に激しい雨が降る所があります。災害の危険度が急激に高まる所があるでしょう。特に岐阜県では記録的な大雨となるおそれがあります。関東甲信は朝から日中にかけて山沿いを中心に雨脚が強まり、局地的に激しく降るでしょう。沿岸部では風が強く、体が濡れやすい雨となりそうです。北陸は夜にかけて、東北は昼頃から激しい雨や雷雨となる所があるでしょう。

9日まで大雨長引く

9日朝にかけて、梅雨前線は西日本では南へ下がりますが、東日本や東北に停滞します。このため雨の降りやすい状態が続き、大雨が長引くでしょう。上の表のように、9日18時にかけて、さらに雨量が増えそうです。新たな災害に備えて、最新の気象情報や自治体からの情報をこまめに入手してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい