7日 九州から東北の広範囲で大雨 九州・東海は猛烈な雨に厳重警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

7日 九州から東北の広範囲で大雨 九州・東海は猛烈な雨に厳重警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


今日7日も梅雨前線の活動は活発に。九州から東北の広範囲で大雨になるでしょう。特に、九州・東海は猛烈な雨になりそうです。すでに大雨特別警報が発表されている九州では引き続き最大級の警戒を。

九州は引き続き最大級の警戒 東海でも過去最大級の大雨の可能性も

活発な活動を続ける梅雨前線は、日本海側の地域に沿うようにのびていて、水蒸気を大量に含んだ暖かく湿った空気が本州に流れ込んでいます。

すでに災害が発生している九州北部では、今日も線状降水帯が形成されて猛烈な雨が続く予想です。

さらに、活発な雨雲は九州南部まで広がり、九州の広い範囲でかなり激しい雨が続く予想となっています。すでに甚大な被害を受けている地域でも再び大雨になる可能性もありますので、引き続き最大級の警戒を続け、命を守る行動に徹してください。

さらに今日は、四国の太平洋側や中国地方、紀伊半島や東海でも、暖かく湿った空気が大量に流れ込む影響で大雨になる予想です。

特に東海地方の岐阜県や長野県南部では、過去最大の雨量を超過する雨が降る可能性も予想されています。厳重な警戒を続けてください。

災害拡大の可能性も 躊躇せず避難をする選択を!

3日頃からの大雨によって、九州で大きな被害が発生しています。この先も大雨のになる所が多く、災害発生の範囲も広がる可能性もあります。

今後も、雨の降り方に留意し、気象情報や避難に関する情報を十分に確認のうえ、可能な限り早めの行動を心がけてください。側溝から水があふれそうになっていたり、付近の川が明らかに増水してきていたり、斜面から小石がパラパラと落ちる・異常な音がする、といった「普段と違う」状況で不安を感じたら、指示を待たず、危険が差し迫る前に自主的に避難をすることも重要です。なお、移動する際には、極力、一人ではなく複数で、長靴ではなくスニーカーなど動きやすい靴で、両手を空けた状態で行動するようにしてください。

避難所へ向かうことが却って危険な場合には、ご自宅内の崖や川から離れたできるだけ高い所で、身の安全を確保するようにしてください。

その他の地域でも今日は広い範囲で雨 風も強め

大雨が予想されていない地域でも、今日は暖かく湿った空気の影響を受けて雨が降ったり止んだりするでしょう。風が強く吹く地域もありそうです。

気温も、昨日より高い所が多くなります。湿度も高く、かなり蒸し暑く感じますので、熱中症対策も十分に行うようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい