8日にかけて広範囲で長引く大雨 各地の雨のピークは 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

8日にかけて広範囲で長引く大雨 各地の雨のピークは

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


九州から関東甲信、東北は局地的に非常に激しい雨や激しい雨が降り、8日にかけても大雨が長く続くおそれがあります。地方ごとに雨のピークをまとめました。

九州北部 危険な状況

日本付近に延びる梅雨前線の活動が活発になっています。きょう6日の午後は、九州北部に発達した雨雲が次々と流れ込み、16時30分には佐賀県、長崎県、福岡県に「大雨特別警報」が発表されました。すでに災害が発生している可能性が高く、さらに今夜からあすにかけても猛烈な雨が長い時間、降り続くおそれがあります。避難所までの移動が難しい場合には、山や崖とは反対側の部屋や、2階以上のできるだけ高い場所へ避難するなど、直ちに命を守る行動をとってください。

広く発達した雨雲 大雨が長く続く

九州南部から関東甲信、東北にかけても発達した雨雲がかかりやすく、あす7日にかけて局地的に非常に激しい雨や激しい雨が降るでしょう。さらに8日にかけても大雨が長く続くおそれがあります。

各地の雨のピークです。

【九州南部】

6日はいったん雨が小康状態となりましたが、7日は再び降り方が強まります。特に7日昼前から昼過ぎにかけては非常に激しい雨の降る所があるでしょう。これまでの記録的な大雨により、土砂災害や河川の氾濫の危険度が広い範囲で高まるおそれがあります。

【中国】

7日昼過ぎにかけて雨のピークとなるでしょう。あちらこちらで激しい雨が降り、局地的には非常に激しい雨が降りそうです。8日にかけても雨雲がかかりやすく、雨の量が多くなるでしょう。崖など急な斜面や川の近くにお住まいの方は、早めに身の安全を確保してください。

【四国・近畿】

7日昼前にかけて雨雲や雷雲が発達し、激しい雨や雷雨となる所があるでしょう。8日にかけても強弱をつけて雨が続きそうです。いったん雨がやんだり弱まっても、雨雲レーダーをチェックするなど、最新の情報を確認してください。

【東海】

7日明け方までは非常に激しい雨の降るおそれがあります。その後、8日にかけても断続的に激しい雨が降り、総雨量が多くなるでしょう。特に岐阜県や静岡県では記録的な雨量が予想されており、土砂災害などの危険度が急激に高まるおそれもあります。早め早めの避難を心がけてください。

【関東甲信】

長野県では南部を中心に7日昼頃まで激しい雨の降る所があるでしょう。関東や山梨県も7日日中にかけて雷を伴って雨脚の強まる所がありそうです。

【北陸・東北】

7日夜遅くにかけて激しい雨の降る所があるでしょう。さらに8日も所々で雨の降り方が強まりそうです。

なお、梅雨前線の位置によって激しい雨の降る場所や雨のピークが変わってきそうです。tenki.jpで最新の情報をこまめに確認してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい