九州 今夜も線状降水帯発生のおそれ 早めの備えを 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 今夜も線状降水帯発生のおそれ 早めの備えを

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


6日(月)、梅雨前線が対馬海峡付近で活発になっており、九州北部は大雨になっています。九州北部は、あす7日(火)にかけて断続的に非常に激しい雨が降り、記録的な豪雨になるおそれがあります。夜間も激しい雨が降り続き、雨の降り方によっては周囲の状況が急激に変わるおそれがあります。明るい時間帯に早めに安全な場所に避難するなど、大雨に対して最大級の備えをして下さい。

梅雨前線活発化 九州北部も土砂災害の危険高まる

6日午後に入り、梅雨前線に伴う活発な雨雲は九州北部にかかり、九州北部では猛烈な雨や非常に激しい雨が降り、大雨になっています。

長崎県や佐賀県、福岡県でもきのう5日の降り始めからの雨量がすでに200ミリに達している所があります。

午後3時現在、長崎県や佐賀県、福岡県、大分県、鹿児島県では土砂災害の危険度が「きわめて危険」な状態になっている所があります。崖の近くなど土砂災害の発生しやすい地区にお住いの方は、早めの避難を心がけて下さい。

夜間も非常に激しい雨のおそれ 早めの避難を

あす7日(火)にかけて、活発な梅雨前線が対馬海峡に停滞するため、九州は大気の状態が非常に不安定で、発達した雨雲が発生しやすく、線状降水帯が形成されるおそれがあります。このあと、あす明け方にかけて断続的に非常に激しい雨や激しい雨が降り、さらに雨量が増えるでしょう。線状降水帯が発生すると、数時間で記録的な豪雨になり、周囲の状況が急激に変化するおそれがあります。

夜間に激しい雨が降り続くと、避難するのが危険な状態になります。特に、崖の近くや川の近くにお住まいの方は災害の危険が高くなりますので、明るい時間帯に早めに安全な場所に避難をしておきましょう。梅雨末期の大雨へ最大級の警戒をして下さい。

浸水した場所に近づかない

短時間に大雨が降ると浸水が発生するおそれがあります。浸水した所では道路と側溝の境目が分からなったり、マンホールの蓋が外れていたりして、車や歩行者が落ちてしまうことがあり大変危険です。

浸水が深い場合は、外出を控えて極力、身の安全を確保しましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい