九州~東北 非常に激しい雨や猛烈な雨の恐れも 大雨8日にかけて長期化 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州~東北 非常に激しい雨や猛烈な雨の恐れも 大雨8日にかけて長期化

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


8日(水)にかけて大雨が長期化する恐れがあります。九州から東北にかけて局地的に激しい雨や非常に激しい雨が降るでしょう。雨雲が発達しながら次々と流れ込み、局地的には猛烈な雨が降る恐れもあります。

猛烈な雨の恐れも

梅雨前線はきょう6日(月)夜にかけて対馬海峡から東北地方まで北上し、その後8日(水)頃にかけて本州付近に停滞する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定で、前線の活動が活発な状態が続くでしょう。

7日(火)にかけて九州から東北の広い範囲で、断続的に雨が降るでしょう。一旦雨が弱まっても次々と雨雲がかかり、油断はできません。局地的に雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降るでしょう。雨雲が発達しながら次々と流れ込み、局地的には猛烈な雨が降る恐れもあります。

一番上の図は5日21時から7日21時までに地域ごとに予想される最も多い降水量です(5日21時の計算)。2日間で九州や中国、四国、近畿、東海では400ミリを超えるような大雨となる恐れがあります。北陸や関東甲信、東北でも雨量が多くなる所があるでしょう。

8日(水)頃にかけても梅雨前線は本州付近に停滞するため、大雨が続く恐れがあります。

大雨による災害に厳重な警戒を

3日からの大雨により、九州ではすでに球磨川や本城川で氾濫したり、土砂災害が発生したりするなど大きな災害が起こっています。今は災害の起こっていない地域でも、土砂災害や浸水、洪水の危険度が非常に高まっている所があります。また、中国地方から東海でも地盤の緩んでいる所や増水している河川があります。

梅雨前線による大雨が今後も長時間続き、新たな災害が起こる恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒して下さい。また、竜巻などの激しい突風や落雷に注意が必要です。

今後もこまめに気象情報や自治体から出される避難情報を確認し、適切な行動をとるようにして下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい