6日 九州から関東甲信で大雨の所も 新たな災害発生の危険度高まる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

6日 九州から関東甲信で大雨の所も 新たな災害発生の危険度高まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


あす6日(月)も、本州付近で梅雨前線の活動の活発な状態が続くでしょう。九州から関東甲信にかけては局地的に激しい雨が降り、大雨になる所もありそうです。特に、九州北部では少しの雨でも、新たな災害が発生する危険度が高まるおそれがあります。最新の情報に注意が必要です。

あす 局地的に非常に激しい雨 土砂災害などに警戒

きょう5日(日)は、梅雨前線が西日本から東日本の太平洋側に停滞し、前線の活動が活発な状態が続きました。活発な雨雲の中心は九州南部や海上となり、屋久島では1時間に30ミリ以上の激しい雨の降った所がありました。熊本県では、雨はいったん小康状態になりましたが、3日(金)からの大雨によって河川の氾濫が続いています。

あす6日(月)は太平洋高気圧が強まるため、梅雨前線が次第に北上し、南から暖かく湿った空気が次々に流れ込むでしょう。大気の状態が非常に不安定になり、前線の活動の活発な状態が続く見込みです。

九州から関東甲信では、局地的にカミナリを伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。特に、増水や氾濫している河川や地盤の緩んでいる所では警戒が必要です。九州北部では少しの雨でも、新たな災害の発生する危険度が高まります。より一層の警戒をなさってください。

梅雨前線は、8日(水)にかけても九州から関東甲信付近に停滞するため、大雨の続くおそれがあります。最新の情報をこまめにチェックなさってください。

あす 九州から関東で大雨のおそれ 予想される雨の量

あす6日(月)18時までの24時間に予想される雨の量(多い所)

四国で300ミリ、九州南部と北部で250ミリ、東海、関東甲信で200ミリ、近畿で180ミリ、北陸で100ミリ、中国地方で80ミリ

あさって7日(火)18時まで48時間に予想される雨の量(多い所)

九州北部、四国、東海で300~400ミリ、九州南部で250~350ミリ、近畿、関東甲信で200~300ミリ、北陸で150~250、中国地方で100~200ミリ

これまでに降った大雨に加えて、あさって(火)にかけて平年の7月ひと月分の雨が短い時間で降るおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に引き続き警戒をなさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい