週間 梅雨末期の大雨長引く 九州だけでなく東海などでも警報級の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 梅雨末期の大雨長引く 九州だけでなく東海などでも警報級の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


梅雨前線は、6日(月)から8日(水)にかけて本州付近に停滞するでしょう。九州では再び大雨の恐れ。九州だけでなく、四国、中国地方から関東にかけても、梅雨末期の大雨に警戒が必要です。

4日(土)は熊本県で記録的な大雨

4日(土)は、活動が活発な梅雨前線が九州にかかりました。九州の西で発達した雨雲が東西に連なり、未明から朝にかけて、熊本県に次々に流れ込みました。熊本県では、天草・芦北地方、球磨地方、宇城八代を中心に、記録的な大雨になりました。

4日(土)の12時間降水量の日最大値は、熊本県水俣市で415.0ミリ、湯前町の横谷で411.5ミリ、山江村で406.5ミリを観測。たった半日で400ミリを超え、いずれも観測史上1位の値を更新しました。水俣市では、平年7月ひと月分の雨量を超える雨量になりました。

5日(日)夜は九州は本格的な雨 6日(月)~8日(水)は広く大雨の恐れ

5日(日)は、梅雨前線は九州の南まで下がっており、九州の雨は小康状態になっています。ただ、これまでの大雨により氾濫している河川や地盤の緩んでいる所があります。少しの雨でも洪水や土砂災害の危険が再び高まる可能性があります。

梅雨前線は活発な状態が続く見込みです。5日(日)夜から九州付近で北上するでしょう。6日(月)から7日(火)にかけて、九州や本州付近に停滞する見込みです。

九州では次第に本格的な雨になり、再び大雨の恐れがあります。6日(月)は、九州から関東にかけて、広く発達した雨雲がかかるでしょう。九州では、南部や熊本県だけでなく、福岡県や佐賀県など対馬海峡沿岸の地域でも、警報級の大雨の恐れがあります。東海でも警報級の大雨になる可能性が高くなっています。

さらに7日(火)にかけて、発達した雨雲がかかり続ける所があるでしょう。九州から東海、甲信では、2日間の雨量が、平年7月ひと月分の雨量の8割以上になる所もある予想です。広く記録的な雨量になる可能性もあります。雨のピークは、今のところの予想では7日(火)にかけてですが、8日(水)も湿った空気の影響で、地盤の緩んでいる状態で、雨や雷雨になる所が多いでしょう。数日にわたり、大雨による土砂災害などに警戒が必要になります。

9日(木)以降も曇りや雨 次の週末~週明けも雨の降り方に注意

9日(木)以降も、九州や本州付近は、梅雨前線や湿った空気の影響を受けるでしょう。広い範囲で、雲が広がりやすい日が続く見込みです。雨が降ったり、カミナリが鳴ったりすることもあるでしょう。

次の週末から週明けにかけても、雨の降り方に注意が必要になる所がありそうです。低気圧が前線を伴って日本海を進む可能性があるためです。低気圧や前線に向かって、雨雲のもとである非常に暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。今のところの予想では、発達した雨雲がかかるのは、九州や本州の日本海側、北海道です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい