5日 梅雨前線 再び北上へ 広範囲で土砂災害に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

5日 梅雨前線 再び北上へ 広範囲で土砂災害に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう5日は、梅雨前線が九州から本州の南に停滞し、あすにかけて再び北上。九州から関東にかけて大気の状態が非常に不安定に。再び広範囲で大雨。土砂災害など警戒を強めたい。

きょうの天気 九州~関東甲信で大雨 土砂災害に警戒を

きょう5日(日)は、九州付近から本州の南に前線が停滞するでしょう。いったんは小康を保っている前線の活動が、きょうからあす(6日)にかけて再び活発になり、前線が活動を活発化させながら次第に北上する見込みです。

きのう(4日)大雨に見舞われた九州は、南部から雨が降りやすくなり夕方から夜には雷を伴う所や非常に激しく降る所があるでしょう。九州北部から関東にかけても次第に雨が降りやすくなり、雷を伴う所や激しく降る所がありそうです。北陸や東北南部でも雨が降りやすくなり、雷雨や激しい雨になる所が多いでしょう。

これからあす(6日)の朝6時にかけて予想される降水量は、九州南部で200ミリ、東海で150ミリ、九州北部と四国、近畿で100ミリ、関東甲信で80ミリです。

さらに、あさって(7日)朝6時にかけての総雨量は、東海で300ミリから450ミリ、九州南部で300ミリから400ミリ、九州北部と四国で200ミリから400ミリ、近畿で200ミリから300ミリ、関東甲信で150ミリから250ミリ、中国地方で100ミリから150ミリと予想されています。

きょうからあすにかけて、これまでに降った大雨に加えて、所によっては7月ひと月分の雨が短期間に集中して降るおそれがあります。雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨を伴う大雨と土砂災害、低い土地の浸水、河川の氾濫に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風にも、ご注意ください。

まだ小康を保っている地域の方を含めて、身の安全を確保する手段を家族で話し合うなど、災害に備えるよう、おすすめします。

きょうの天気 北海道と沖縄は晴れ間と局地的な雨

北海道は、晴れ間のでる所がありますが、夕方から夜は道央と道南で雨の降る所がありそうです。

沖縄は、夏の太平洋高気圧に覆われるため、宮古島地方や八重山地方は晴れますが、沖縄本島では雲が多く、雨や雷雨の所があるでしょう。激しい雨の降る所がありそうです。

きょうの気温 熱中症に要注意 マスクを外すことも

きょうの最高気温は、沖縄は30℃を超える所が多い見込みです。九州から近畿と関東甲信、北陸は26℃から28℃前後で、30℃くらいまで上がる所があるでしょう。きのうと同じか高い所が多くなり、平年並みの所が多いでしょう。東北は25℃の所が多く、きのうより高くなるでしょう。北海道は、25℃前後の所が多く、道北の内陸部では30℃くらいになる所がありそうです。

蒸し暑い所が多くなりますので、時々マスクを外して水分補給をする、人混みでない所ではマスクを外すなど、熱中症に気をつけましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい