2日夜~4日 また警報級の大雨の恐れ 土砂災害などに警戒・注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2日夜~4日 また警報級の大雨の恐れ 土砂災害などに警戒・注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


2日夜遅く~4日は、西日本で大雨になる恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に、警戒・注意が必要です。

大雨の原因は?

2日は、梅雨前線が九州の南に停滞していましたが、この前線が北上する予想です。さらに、3日朝には、東シナ海で、前線上に低気圧が発生するでしょう。この低気圧は東へ進んで、3日夜には九州の西に、4日朝には四国付近に達する見込みです。

この低気圧や前線に向かって、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」が流れ込むのがポイント。この「暖かく湿った空気」が原因で、西日本では、2日夜遅くから雨の量が増えて、4日にかけて大雨になりそうです。

いつから 雨が強まる? どれくらいの強さの雨?

西日本では、大気の状態が「非常に不安定」になるため、局地的に雨雲やカミナリ雲が発達するでしょう。雨の強まる時間帯は、九州南部では2日夜遅くから、九州北部地方では3日昼過ぎから、四国地方と近畿地方は3日夜からです。

局地的にカミナリを伴って「非常に激しい雨」や「激しい雨」が降り、雨量がグンと増えるでしょう。「非常に強い雨」とは、雨が滝のようにゴーゴーと降り続き、傘は全く役に立たず、車の運転は危険なレベルです。「激しい雨」でも、道路が川のようになる恐れがあります。

予想雨量は?

3日18時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、九州南部で200ミリ、近畿地方、四国地方、九州北部地方で80ミリです。さらに、その後、4日18時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、近畿地方や四国地方で200~300ミリ、九州北部地方や九州南部地方で100~200ミリとなっています。

警報級の大雨になる恐れもありますので、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に、警戒・注意してください。

雨が強まる前に、早めの避難が必要ですが、新型コロナウイルス感染予防対策として、避難先を分散するためには、指定避難所だけが、避難先ではありません。近くの親戚の家や、知人の家など、より安全な所を「自主避難先」として選ぶ事も考えましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい