今夜も滝のような雨に警戒 金曜~土曜はまたも警報級の大雨か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今夜も滝のような雨に警戒 金曜~土曜はまたも警報級の大雨か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


まだ大雨シーズンが続きます。今夜も東海や関東、東北では局地的に非常に激しい雨や激しい雨が降るでしょう。3日(金)から4日(土)も梅雨前線の活動が活発化。警報級の大雨の恐れがあります。

さらに雨量が増える恐れ

きょう1日(水)にかけては活発な梅雨前線の影響で大雨となりました。1日(水)午後5時までの24時間雨量の最大値は高知県馬路村魚梁瀬で380.5ミリ、愛知県豊根村茶臼山で340.0ミリに達しました。

東海では今夜遅くにかけても滝のような非常に激しい雨が降り、さらに雨量の増える所があるでしょう。関東では2日(木)明け方にかけて、バケツをひっくり返したような激しい雨の降る所がありそうです。東北でも今夜まで局地的に激しく降るでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒、注意して下さい。特に東海地方では、これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があります。さらに雨量が多くなるため、土砂災害に厳重な警戒が必要です。

3日(金)~4日(土)はまたも大雨か

2日(木)の日中は一旦、天気が回復し、晴れ間のでる所が多くなりますが、日差しは束の間です。

3日(金)から4日(土)にかけては梅雨前線が本州付近に延び、前線上を低気圧が東へ進む予想です。暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発化するでしょう。

3日(金)は西から次第に雨雲が広がり、九州から関東甲信、北陸にかけて雨が降る予想です。4日(土)は東北でも雨が降るでしょう。3日(金)から4日(土)は九州から東海を中心に活発な雨雲がかかり、またも警報級の大雨となる恐れがあります。近畿などでは平年の7月ひと月の雨量に匹敵するような雨量となる可能性もあり、警戒が必要です。関東甲信や東北でも雨脚が強まり、ザーザー降りや土砂降りの雨になる所があるでしょう。

まだ大雨シーズンは終わりません。「【特集】新型コロナと自然災害に備えて」も参考になさって、大雨への備えをなさって下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい