週間 大雨シーズン 警報級の大雨の恐れ 火~水曜は強風も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 大雨シーズン 警報級の大雨の恐れ 火~水曜は強風も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


梅雨最盛期。この先、九州から関東で大雨の恐れがあり、九州では警報級の大雨の可能性があります。30日(火)から7月1日(木)は、広く強風にも注意が必要です。

27日(土)~28日(日) 九州を中心に大雨

今回、27日(土)から28日(日)にかけて、九州から本州の南に梅雨前線が停滞しました。九州付近には、インド洋方面から暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になりました。福岡県久留米市で1時間に92.5ミリ、佐賀県伊万里市で87.5ミリの猛烈な雨を観測。長崎県佐世保市では、27日(土)の72時間降水量の日最大値は445.0ミリを観測し、観測史上1位の値を更新。九州を中心に大雨になりました。

29日(月)~7月1日(水) 今回(27日~28日)以上に雨雲発達か

29日(月)から30日(火)にかけて、大陸から本州の南に延びる梅雨前線は、西から次第に北上する見込みです。今回(27日から28日)と違う点は、暖かく湿った空気は、インド洋方面からだけでなく、太平洋高気圧のふちを回って流れ込むことです。前線の活動が活発になるでしょう。梅雨の豪雨として、線状降水帯が知られています。線状降水帯にならなくても、今回以上に雨雲が発達するでしょう。発達した雨雲がかかる地域は、まだ予報に幅がありますが、今のところの予想では、九州や四国の太平洋側、福岡県など九州の対馬海峡沿岸の地域や中国地方です。30日(火)を中心に、雨量が多くなるでしょう。九州から近畿を中心に大雨の恐れがあり、特に九州では警報級になる可能性があります。

7月1日(水)は、東海から関東にも発達した雨雲がかかり、大雨になる恐れがあります。

九州~関東 風も強まり、荒れた天気に

今回(27日から28日)と違う点は、もう一つ。強風にも注意が必要なことです。30日(火)から7月1日(水)にかけて、低気圧が朝鮮半島付近から日本海に進む見込みです。本州付近で等圧線の間隔が混み合い、九州から関東を中心に風が強まるでしょう。荒れた天気になる恐れがあります。

低気圧は、日本海北部で一時的に発達する可能性があります。東北や北海道でも、2日(木)にかけて発達した雨雲がかかったり、風が強まったりすることが考えられます。

梅雨最盛期 大雨シーズン

7月2日(木)から、太平洋高気圧が北への張り出しを強めます。梅雨前線が本州付近に停滞する日が続くでしょう。九州から東北で、曇りや雨の梅雨空が続きます。本格的な雨になる日もあるでしょう。5日(日)頃から、再びインド洋方面からと太平洋高気圧のふちを回って、暖かく湿った空気が、前線に流れ込む可能性があり、大雨になることが考えられます。

梅雨最盛期、大雨シーズンです。対策については、「【特集】新型コロナと自然災害に備えて」も参考になさって下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい