日本海側を中心に気温アップ 広く30℃以上の真夏日に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本海側を中心に気温アップ 広く30℃以上の真夏日に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


きょう24日は、九州から近畿と北陸から東北の日本海側を中心に気温が高く、広い範囲で30℃以上の真夏日となっています。秋田は今年初めての真夏日に。大分県日田市では35℃近くまで上がっています。

最高気温 今年一番高くなった所も

きょう24日は、日差しの届いている九州から近畿にかけてと、北陸から東北の日本海側を中心に気温が高くなっています。30℃以上の真夏日地点数はきのうに続いて200地点を超えました。秋田市では午後2時までに30.7℃まで上がり、今年初めて真夏日に。午後2時までの最高気温は、大分県日田市34.7℃、福岡県太宰府市34.6℃と、猛暑日に迫る暑さとなっている所もあります。

東北から北海道の太平洋側はヒンヤリ

そのほか時折、日が差した東海や関東甲信も30℃近くまで気温の上がっている所がありますが、東北から北海道の太平洋側は湿った冷たい空気が流れ込み、昼間も気温はあまり上がっていません。20℃に届いていない所もあり、仙台市の午後2時までの最高気温は18.7℃と、きのうより8℃くらい低くなっています。

梅雨空戻り蒸し暑く

あす25日は全国的に梅雨空が戻るでしょう。午前中から雨が降る九州は、きょうほど気温は上がりませんが、それでも27℃前後の予想です。午後、雨が降りだす中国、四国、近畿、北陸、東海は30℃前後と、体にこたえる蒸し暑さでしょう。関東甲信は25℃前後でムシムシしそうです。東北から北海道の日本海側の暑さは収まるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい