18日 西日本は断続的に激しい雨 東海や関東も梅雨空 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

18日 西日本は断続的に激しい雨 東海や関東も梅雨空

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


きょう(18日)は梅雨前線が九州付近を北上。西日本は激しい雨が降り、大雨になる所も。雨雲は東へ広がり、東海や関東なども梅雨空に。

西日本を中心に激しい雨

今夜(18日)の予想天気図です。梅雨前線の上に低気圧が発生して、あす(19日)にかけて本州の南岸付近を進みます。次第に雨の範囲が広がり、東海は夕方から雨、関東は夜には雨の降りだす所があるでしょう。

この低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込むため、梅雨前線の活動が活発となります。局地的にバケツをひっくり返したような激しい雨が降るでしょう。九州から東海では大雨に警戒が必要です。

雨の強まる時間帯は、九州南部では昼前後、九州北部は昼過ぎから。中国地方は夕方から、近畿と東海(三重県)は夜からとなりそうです。特に九州北部と四国は、あす(19日)の未明から朝にかけて、さらに発達した雨雲がかかり、滝のような非常に激しい雨の降る所もあるでしょう。

予想される雨の量

雨の降る時間が長く、降り始めからの雨の量も多くなりそうです。土砂災害やアンダーパスなどの低い土地の浸水などに警戒して下さい。

【予想雨量】あす19日の朝まで(多い所)

九州北部 200ミリ

四国 180ミリ

中国、近畿、東海 120ミリ

あす(19日)の朝からあさって(20日)の朝にかけて、四国や東海は多い所で50~100ミリの雨が予想されています。

北日本も大気の状態が不安定

北日本も大気の状態が不安定です。北海道付近には寒気を伴った低気圧があり、動きが遅いというのが特徴です。

北海道は雨が降りやすく、局地的に雷を伴うでしょう。東北は晴れる所が多いですが、午後は所々で雨や雷雨がありそうです。落雷や突風、ヒョウにご注意下さい。また東北の日本海側はきのうより気温が5度以上高い所もあり、熱中症対策は万全に。

沖縄は夏本番の日差しが照りつけ、厳しい暑さでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい