木曜~金曜 「滝のような雨」か 梅雨前線活発化 大雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

木曜~金曜 「滝のような雨」か 梅雨前線活発化 大雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


18日(木)から19日(金)は梅雨前線が北上し、前線の活動が活発化するでしょう。九州から関東、北陸は広く雨に。活発な雨雲が次々かかり、激しい雨や非常に激しい雨の降る所もありそうです。

梅雨前線の活動が活発化

17日(水)は本州付近は高気圧に覆われて、広く梅雨の中休みとなりました。18日(木)から19日(金)にかけては梅雨前線が北上し、前線上を低気圧が東へ進むでしょう。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発化する予想です。

激しい雨や非常に激しい雨

18日(木)は九州は断続的に雨が降り、中国や四国、近畿も昼頃から広く雨が降るでしょう。九州や中国地方を中心に雷を伴って、バケツをひっくり返したような激しい雨や滝のような非常に激しい雨の降る所がありそうです。激しい雨や非常に激しい雨が降ると、道路が一気に川のようになってしまうこともあります。車の運転は道路の冠水に注意が必要です。東海も夕方以降は雨が降りだすでしょう。

19日(金)は雨のエリア広がる

19日(金)も九州から東海には活発な雨雲が次々かかるでしょう。この2日間で、平年の6月ひと月分の雨量の8割程度の雨が降ると予想されている地域もあり、大雨の恐れがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。自治体から出される情報にも注意して下さい。関東や北陸、東北もザーザー降りや土砂降りの雨になり、雨量の多くなる所があるでしょう。20日(土)の午前中にかけても関東や北陸、東北では雨が残りそうです。

新型コロナウィルスの影響が続くなか、大雨シーズンに突入しています。対策については、「【特集】新型コロナと自然災害に備えて」も参考になさって下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい