関西 19日金曜日は大雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関西 19日金曜日は大雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


近畿地方は、18日木曜日から19日金曜日にかけて雨が降り、19日金曜日は大雨になる恐れがあります。

週末にかけての天気

あす18日は梅雨前線が西から北上し、西日本に湿った空気が流れ込む見込みです。近畿地方ではあす18日の昼ごろから雨が降り、あさって19日にかけて断続的に雨が降るでしょう。

19日は、梅雨前線の活動次第によっては雨の量が多くなり、山沿いだけでなく都市部でも大雨になる恐れがあります。今後の情報に注意をしてください。

その後は天気が回復し、土曜日と日曜日は晴れる所が多い見込みです。

梅雨入りしてからの降水量

近畿地方では、6月10日に梅雨入りしてからきのう16日までの降水量は、紀伊山地周辺で300ミリを超えている所もあります。

19日も大雨になる恐れがあるため、雨どいや道路際の側溝の点検、避難経路の確認や持ち出し品の確認など、大雨への備えは早めにするようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい