15日 関東甲信を中心に酷暑 マスクは適宜はずして 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

15日 関東甲信を中心に酷暑 マスクは適宜はずして

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


天気が回復し、梅雨の晴れ間となるあす15日。列島は真夏さながらの厳しい暑さに!連日のコロナ対策に加え、熱中症対策をしっかりと行ってください!

15日 最高気温

あす、特に厳しい暑さが予想されるのはきょうより10度前後高くなる関東甲信です。全国有数の「暑さ処」埼玉県熊谷市や群馬県前橋市、山梨県甲府市などでは34度と猛暑日に迫る暑さが予想されます。予報のブレを考慮した場合、今年初の猛暑日の可能性があります。また、東京都心は33度で今年5度目の真夏日。6月前半(1~15日)に観測した気温として、2014年6月1日以来の33度となりそうです。そのほかは、東北南部から九州、夏真っ盛りの沖縄で30度以上の真夏日が続出するとみられます。

気温変動の大きい一週間 体調の管理に一層注意を!

今週は気温の変動が大きいというのもポイントになります。九州から東北では暑さのピークはあすで、その後は「右肩下がり」となります。週の後半は西日本と東日本では平年より低くなる所が多く、19日金曜日の最高気温は、東京で21度でなんと4月下旬並み。大阪でも23度と5月上旬並みの気温が予想されます。関東では数日で、真夏から春に季節が大きく逆戻りします。

経験のない暑さとお考え下さい

今週は前半ほど厳しい暑さで、あす(15日)は、ひと夏でもそうそうない暑さです。それに加えて、マスク着用や運動不足によって熱中症にかかるリスクが例年以上に高くなっているため、今回の暑さは「誰も経験したことのない」暑さと捉えてください。熱中症を予防する3つの心得を以下にまとめました。

・2m以上距離を取り、マスクを外す

・のどが渇く前の水分補給

・暑さに備えた身体づくり

また、日差しがジリジリ照り付けるような炎天下では不要な作業はできるだけ避けて、室内でも無理のないようにエアコンを稼働させ、窓を開けたり換気扇を回して空気の循環、換気を行うようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい