雨 いったんやんでも油断なく 活発な雨雲が続々と 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

雨 いったんやんでも油断なく 活発な雨雲が続々と

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょう14日(日)も、九州から関東、北陸で雨や雷雨。雨がしばらくやんだとしても、再び降り出して滝のような降り方になるおそれも。夕方以降は東北にも活発な雨雲がかかり、大雨となる所がある見込み。

次々にかかる 活発な雨雲

きょう14日(日)朝、山陰や近畿、東海は雨。山陰や近畿北部で雨が強まっています。特に山陰では雨の量が多くなり、島根県の大田市福光や浜田市浜田で24時間雨量が200ミリ前後に達するなど、6月のひと月分に匹敵するほどの所があります。

そのほかの各地は、雨が弱まり、やんでいる所も多い状況。ただ、このあとは低気圧が日本海を東進し、低気圧に向かうように南から暖かく湿った空気が流れ込みます。また、低気圧から延びる前線が西日本から東日本を通過するでしょう。

九州から関東、北陸にかけて、きょういっぱい大気の不安定な状態が続きます。雨がいったんやんで日が差したとしても、また急に強い雨が降り出して、日本海側を中心に非常に激しく降る所もありそうです。道路が冠水するなど、交通に影響が出ることも考えられます。雨雲が完全に離れるのは、あす月曜日の朝です。

東北は、午前中は晴れ間がありますが、低気圧が近づくため天気は下り坂。夕方から次第に雨で、今夜からあすの未明にかけて、特に日本海側で雨脚が強まるでしょう。局地的には激しく降りそうです。

北海道は、日中はおおむね晴れ。今夜遅くからあすにかけては雨が降ったりやんだりで、降り方の強まることもあるでしょう。

梅雨明けした沖縄は、きょうもおおむね晴れそうです。

予想される雨の量

きょう14日午前6時から15日午前6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、

・北陸:200ミリ

・東海(岐阜県)と九州北部:150ミリ

・中国地方と九州南部、東北日本海側:120ミリ

・近畿:100ミリ

西日本から東日本では、これまでの雨で日本海側を中心に地盤の緩んでいる所があり、土砂災害にいっそうの警戒が必要です。川は、水かさがさらに増してきますので、むやみに近づかないでください。

また、東北日本海側は、北陸などと比べると予想雨量は少ないものの、「今夜~あす明け方」という短い時間に集中的に激しい雨が降るため、低い土地が浸水したり、小さな河川の水かさが急増したりする危険があります。災害への備えをしておくと安心です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい