日曜も広く土砂降り 非常に激しい雨も 月曜は関東で猛暑 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日曜も広く土砂降り 非常に激しい雨も 月曜は関東で猛暑

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


14日(日)にかけても梅雨前線の活動は活発で、九州から東北にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が断続的に降り、大雨となる所があるでしょう。

非常に激しい雨も

13日(土)は活動が活発な梅雨前線の影響で、九州から関東にかけて広く雨が降り、雨脚が強まりました。島根県大田市福光では午後5時までの24時間雨量が200ミリ近くになりました。

14日(日)も梅雨前線が本州付近に延び、前線の活動が活発な状態が続く予想です。また、梅雨前線上に低気圧が発生し、低気圧が北陸付近に近づくでしょう。九州から関東、東北にかけては大気の状態が不安定で、所々に活発な雨雲がかかりそうです。激しい雨の降る所もあるでしょう。特に、北陸周辺では局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れもあります。

15日(月)の午前中にかけても東北を中心に大気の不安定な状態が続き、所々に雨雲がかかるでしょう。

14日午後6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、北陸、中国は150ミリ、東海、九州北部は120ミリ、関東甲信、近畿は100ミリ、東北は60ミリの見込みです。その後、15日午後6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、東北で100から150ミリ、北陸、東海、近畿で50から100ミリの予想です。

土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水に警戒が必要です。自治体から出される情報にも注意して下さい。新型コロナウィルスの影響が続く中での大雨です。対策については、「【特集】新型コロナと自然災害に備えて」も参考になさって下さい。

今年一番の暑さも 熱中症に警戒

15日(月)には、関東などでは日差しがでて、気温がグンと上がりそうです。最高気温は南部でも35度近くまで上がって、今年一番の暑さの所がありそうです。内陸部では35度以上の猛暑日の所があるでしょう。体に堪える厳しい暑さになりそうです。大雨の後は熱中症に警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい