活発な梅雨前線 九州から関東、北陸 激しい雨や雷雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

活発な梅雨前線 九州から関東、北陸 激しい雨や雷雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


この土日、梅雨前線が西日本から東日本に延び、活動が活発化。広範囲で雨が強まる。雷を伴い激しく降る所も。

雨や雷雨 激しく降る所も

きょう13日(土)の朝、九州から関東、北陸で雨。特に雨脚が強まっているのは山陰や近畿北部で、1時間20ミリを超える土砂降りの雨となっている所があります。

きょう、このあとも梅雨前線に向かうように続々と湿った空気が流れ込み、九州から関東、北陸にかけて雨や雷雨。所々で激しく降るでしょう。

あす14日(日)の日中にかけても同じエリアで雨。中でも、北陸では雨雲が発達しやすく、道路があっという間に川のようになるほどの、非常に激しい雨の降る所があるでしょう。夜になると東北や北海道も広く雨となり、雨脚が強まってきそうです。

この土日、激しい雨で道路が冠水するなど、交通に影響が出る所もありそうです。外出するかたは交通情報を十分に確認し、時間に余裕を持った行動を心がけてください。

また、川や用水路は、水かさが急に増すおそれがあり、むやみに近づくのは大変危険です。

予想される雨量 日本海側ほど多い

予想される雨の量は、いずれも多い所で、

【きょう13日午前6時~14日午前6時までの24時間】

九州北部:180ミリ

中国地方(山陰):150ミリ

近畿(北部):120ミリ

関東甲信・北陸:100ミリ

【14日午前6時~15日午前6時までの24時間】

北陸:100から200ミリ

中国地方:100から150ミリ

日本海側を中心に雨の量が多くなる傾向があり、わずか2日間で、6月のひと月分に迫るほどの大雨となる所もあるでしょう。土砂崩れなど、災害の危険が高まる地域もありそうですので、避難に関する情報に留意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい