西・東日本 警報級の大雨も 12日にかけて警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西・東日本 警報級の大雨も 12日にかけて警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


あす12日にかけて、西日本や東日本は、大雨となる所も。雨雲が予想より発達した場合には、警報級の大雨となる可能性もあります。すでに、かなりの量の雨が降っているので、少しの雨でも、土砂災害などに警戒が必要です。

大雨の原因は?

11日は、広い範囲で「梅雨入り」しましたが、12日にかけては、「梅雨入り直後の大雨」になる所もあるでしょう。

大雨の原因は、本州付近に停滞する梅雨前線が、12日は次第に南下して、東日本から西日本の太平洋側に停滞するからです。12日にかけて、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」がどんどん流れ込むので、前線の活動が「活発な状態」が続きそうです。このため、大気の状態が「非常に不安定」になり、雨雲が発達しやすくなるでしょう。

予想雨量は?

12日にかけては、西日本や東日本の広い範囲で、雨が強まるでしょう。「非常に激しい雨」や「激しい雨」が降り、大雨となる所がありそうです。「非常に激しい雨」とは、傘は全く役に立たなくなるレベルで、車の運転は危険なほどです。

12日18時までの24時間に予想される降水量は、いずれも多い所で、近畿地方で180ミリ、東海地方で150ミリ、関東甲信地方、四国地方、九州北部地方、九州南部で100ミリとなっています。また、雨雲が予想より発達した場合には、警報級の大雨となる所もありそうです。

警戒や注意すべき点は?

これまでの大雨によって、すでに地盤が緩んでいる所などもありますので、少しの雨でも、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに、警戒や注意が必要です。斜面や増水した川には、絶対に近づかないでください。

特に、雨が強まる時間帯が、暗い時間に重なります。斜面の近くにお住まいの方は、なるべく斜面から離れた2階以上の部屋で、お過ごしください。

また、大気の状態が「非常に不安定」になるので、竜巻などの激しい突風や落雷にも、ご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい