西はすでに大雨 発達した雨雲は東へ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西はすでに大雨 発達した雨雲は東へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


11日は、梅雨前線の活動が活発に。九州では、1時間に50ミリの「非常に激しい雨」を観測した所もあり、四国では、降り始めからの雨量が200ミリを超えた所も。活発な雨雲は東へ進み、梅雨入りしたばかりの関東甲信地方なども、午後は「滝のような雨」の降る所がありそうです。

九州や四国などは すでに大雨

11日木曜は、本州付近に停滞する梅雨前線に向かって、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」が流れ込んでいます。このため、梅雨前線の活動が活発になりました。

鹿児島県さつま町の紫尾山では、11日10時20分までの1時間に50.0ミリの「非常に激しい雨」を観測しました。また、高知県室戸市佐喜浜では、降り始め(9日14時)から11日11時までの降水量が232.5ミリと、平年6月ひと月分の約5割の雨が、たった2日あまりで降りました。

11日正午現在の雨雲レーダーをみると、九州南部や四国だけでなく、梅雨入りしたばかりの九州北部や北陸でも、あちらこちらに、赤や黄色の発達した雨雲がかかっています。

午後は 関東甲信や東北南部でも 雨が強まる

11日午後も、九州や四国は、雨が続くでしょう。12日正午までの24時間に予想される降水量は、いずれも多い所で、九州で150ミリ、四国で250ミリとなっています。すでに、大雨になっている所もありますので、少しの雨でも、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに警戒が必要です。

そして発達した雨雲は東へ進むでしょう。関東甲信や東北南部など、梅雨入りした所では、これから広い範囲で雨雲がかかり、局地的には、発達した雨雲がかかりそうです。梅雨入り直後の大雨に、十分お気を付けください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい