11日 東日本・西日本で大雨に 梅雨前線が北上 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

11日 東日本・西日本で大雨に 梅雨前線が北上

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


あす11日は梅雨前線が北上し、関東や北陸、東北にも雨のエリアが広がりそうです。西日本から東日本にかけては大雨となる所があるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫などに警戒・注意が必要です。

梅雨前線北上で雨のエリア広がる

あす(11日)は、梅雨前線が北上して、日本海から北陸、関東甲信に停滞する見込みです。また、南から暖かく湿った空気が入るため、前線の活動が活発になります。雨のエリアは、きょうは沖縄や中国・四国地方、東海が中心でしたが、あすは関東や北陸、東北にも広がるでしょう。北海道は別の前線や低気圧の影響で、雨雲がかかりそうです。

東日本・西日本は大雨に

あさって(12日)にかけて、梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線活動の活発な状態が続く見通しです。そのため、あさってにかけて西日本から東日本の広い範囲で、非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。非常に激しい雨が降ると、傘は全く役に立たず、水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなります。また、車の運転が危険なほどの降り方です。また、東北でもあす(11日)は激しい雨の降る所があるでしょう。

あす(11日)午後6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、四国で250ミリ、九州北部、九州南部、近畿で200ミリ、東海、関東甲信で150ミリ、中国地方で120ミリとなっています。また、その後、あさって(12日)午後6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、近畿で100~200ミリ、九州南部、四国、東海、関東甲信で100~150ミリ、九州北部で50~100ミリとなっています。

降りだしからの総雨量も多くなるため、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒・注意が必要です。最新の気象情報を得るとともに、自治体からの避難情報にも注意し、身の安全の確保に努めるようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい