続々と梅雨入りへ 九州南部・四国を中心に大雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

続々と梅雨入りへ 九州南部・四国を中心に大雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


10日(水)、梅雨前線は北上し、その後、本州付近に停滞する見込みです。10日(水)から12日(金)にかけて、九州から近畿で大雨の恐れがあります。

梅雨前線北上へ 沖縄・九州南部・四国で大雨の恐れ

大陸から日本の南に延びる梅雨前線の活動は活発になっています。前線は11日(木)にかけて、西日本をゆっくり北上する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、沖縄から九州、四国付近では大気の状態が非常に不安定になるでしょう。九州南部や四国を中心に、次々に発達した雨雲がかかる見込みです。発達した積乱雲の下では、落雷や竜巻などの激しい突風の恐れがあります。建物の中など、安全な場所でお過ごしください。沖縄では10日(水)にかけて、九州南部や四国では11日(木)にかけて、大雨になる所があるでしょう。

10日(水)18時までに予想される24時間雨量は、多い所で、四国地方150ミリ、九州南部120ミリ、沖縄地方100ミリです。四国では、発達した雨雲が同じ場所にかかり続けるような場合、警報級の大雨になる恐れがあります。四国地方で10日(水)18時から11日(木)18時までに予想される24時間雨量は、多い所で、200~300ミリです。

土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に警戒が必要です。避難が必要な場合、必ずしも避難所に行くことが身を守る方法ではありません。例えば、浸水が心配される場合、家の2階以上に移動することも避難行動のひとつです。

本州も長雨の季節へ

11日(木)は、東海や関東にも雨雲がかかるでしょう。東北も、寒冷前線の通過で雨が降る見込みです。

12日(金)以降、前線は本州付近に停滞する見込みです。九州から近畿では、12日(金)にかけて、大雨の恐れがあり、その後も雨の降る日が続くでしょう。東海から東北も曇りや雨の日が続く見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい