週間 梅雨前線は本州付近に停滞 続々と梅雨入りへ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 梅雨前線は本州付近に停滞 続々と梅雨入りへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


あす10日(水)以降は梅雨前線が北上し、本州付近に停滞するように。まだ梅雨入りしていない関東甲信なども、いよいよ雨の季節到来。西日本は12日(金)にかけて、大雨の所がありそうです。

西日本は大雨の所も 東・北日本は厳しい暑さ

あす10日(水)は、梅雨前線が九州付近に停滞し、梅雨入りする所も出てくるでしょう。一方、東日本や北日本は厳しい暑さが続きそうです。

沖縄は午後に雨や雷雨となる見込みです。

九州は一日を通して雨、中国・四国や近畿も昼頃から次第に雨が降りだすでしょう。特に九州南部や四国の太平洋側で、局地的に雷を伴って激しく降るため、降水量が多くなりそうです。土砂災害に警戒して下さい。

東海と北陸は天気が下り坂。午後は次第に雨の範囲が広がるでしょう。関東は午前中を中心に晴れますが、山沿いではにわか雨の所がありそうです。

東北はすっきり晴れて、貴重な日差しとなるでしょう。北海道もおおむね晴れる見込みです。

全国的に熱い空気に覆われるため、最高気温は30度前後の所が多いでしょう。特に厳しい暑さが続くのが、関東から北海道です。真夏日の所が多く、内陸では35度以上の猛暑日の所もあるでしょう。東北や北海道は、平年よりも10度以上高い所も。体にこたえる暑さが続くため、無理をしないようにして下さい。

ぐずついた天気

11日(木)以降は、梅雨前線が本州付近に停滞するでしょう。一方、沖縄は晴れる日が続き、いよいよ夏本番となりそうです。

九州から東北は、曇りや雨の日が続きます。金曜日にかけては、梅雨前線の活動が活発になるため、西日本では大雨になる所があるでしょう。雨が降り出す前に、家の周りの排水溝など掃除をしておくのも、大雨への備えの一つです。

極端な暑さは収まりますが、蒸し暑い日が増えてきそうです。湿度が高いと、熱中症にかかるリスクも高くなります。人との距離が取れる所ではマスクを外すなどして、お過ごし下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい