関東甲信 雨雲発達 多い所で100ミリの大雨か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東甲信 雨雲発達 多い所で100ミリの大雨か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょう(6日)は、関東甲信は雨雲が発達しやすくなっています。夕方以降は雨の範囲が広がるでしょう。あす(7日)の午前中にかけて、多い所で100ミリの大雨が予想されています。雨雲が予想以上に発達した場合は警報級の大雨の可能性も。

局地的に激しい雨や雷雨

関東甲信地方は、気温の上昇に加えて、上空5500メートル付近にはマイナス12度以下の寒気が流れ込みます。雨雲や雷雲が発達しやすい気象条件です。

昼過ぎからは、山沿い中心にあちらこちらで雨が降り、夕方以降は関東地方を中心に雨雲が広がるでしょう。山沿いだけでなく、平野部でも多い所で1時間に40ミリの激しい雨の降るおそれがあり、道路の冠水などにも注意が必要です。

雨のピークは夕方から夜にかけてとなるでしょう。雨雲が予想以上に発達したり、同じような場所にかかり続けるなどした場合は、警報級の大雨になる可能性があります。

雨の予想

あす(7日)日付が変わる頃からは、次第に雨がやんできますが、関東南部の沿岸部は明け方まで雨が降るでしょう。

【予想雨量】

1時間降水量(多い所)

関東地方 40ミリ

甲信地方 30ミリ

あす昼までの24時間降水量(多い所)

関東地方 100ミリ

甲信地方 80ミリ

24時間に100ミリという雨量は、災害が起きてもおかしくない降水量です。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に注意して下さい。また竜巻などの突風やヒョウにも注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい