6日 九州南部大雨のおそれ 関東なども急な強雨、落雷 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

6日 九州南部大雨のおそれ 関東なども急な強雨、落雷

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


きょう6日は、活発な梅雨前線の影響で、九州南部と奄美で大雨に警戒。沖縄も雷雨。九州北部から関東甲信と北海道でも雨や雷雨になる所があるなど不安定な天気。

きょうの天気 九州南部・奄美 大雨のおそれ

きょう6日土曜日は、梅雨前線が九州南部を中心に停滞する見込みです。前線に向かって湿った南よりの風が流れ込んでいるため、前線の活動が活発になり、大気の状態が不安定になっています。このため、九州南部では今夜9時ごろにかけて、奄美地方では、きょう昼前にかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。奄美地方を中心に3日水曜日から大雨が続いている影響で地盤が緩んで、土砂災害の発生するおそれが高くなっています。あすにかけて、がけ崩れや地滑りなどに警戒するとともに、低い土地の浸水や河川の増水、落雷、竜巻などの激しい突風に、ご注意下さい。

九州南部・奄美地方で、あす朝6時にかけて予想される雨量は、いずれも多い所で九州南部180ミリ、奄美地方150ミリです。

沖縄地方でも大気の状態が不安定です。あすにかけて落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に十分な注意が必要です。

きょうの天気 九州北部から関東甲信や北海道でも不安定

前線に近い九州北部や四国では、雲が多い一日で、夕方にかけて所々雨が降るでしょう。中国地方から関東甲信にかけては、薄日が差すこともある曇り空で、日中は30度前後まで上がる所があるなど暑くなりそうです。気温が上昇すると大気の状態が不安定になるため、昼頃からは局地的な雨や雷雨になる所があるでしょう。関東地方では雨が激しく降る所がありそうです。北陸と東北は、日本海の高気圧に覆われるため、日中は晴れる所が多いでしょう。北海道は、通過中の気圧の谷の影響で、晴れる所がありますが変わりやすい天気です。夕方にかけては道東を中心に雨や雷雨になる所があるでしょう。

きょうの気温 東北から九州、沖縄で真夏日

きょう6日は、沖縄は30度前後で夏の暑さが続くでしょう。大雨が予想される九州南部は、気温の上がり方が鈍く4月並みの所がある見込みです。九州北部から近畿や北陸は平年並みですが、多くの所は25度以上の夏日で、内陸では30度に迫る暑さの所があるでしょう。関東や東海は、この時期としては気温が高く、30度前後の暑さになる所があるでしょう。東北南部も7月並みの暑さで30度に迫る所がありそうです。東北北部と北海道は、平年並みか低くなる所が多いでしょう。道北では5月上旬並みの所があるなどヒンヤリとするでしょう


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい