九州南部を中心に大雨か 東北や北海道など雷雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州南部を中心に大雨か 東北や北海道など雷雨に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


3日(水)から4日(木)にかけて、九州南部を中心に大雨の恐れがあります。東北や北海道など4日(木)から5日(金)を中心に、カミナリ雲が発生しやすいでしょう。

3日(水)~4日(木) 九州南部を中心に大雨の恐れ

3日(水)から4日(木)は、梅雨前線が九州付近まで北上する見込みです。前線付近を中心に、大気の状態が不安定になるでしょう。3日(水)夜から4日(木)にかけて、九州や四国、近畿の太平洋側に発達した雨雲がかかる見込みです。特に九州南部を中心に、発達した雨雲が次々にかかるでしょう。鹿児島県では2日間の雨量が100ミリくらいになる所もある予想です。大雨の恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意が必要です。奄美では5日(金)にかけても、発達した雨雲がかかることがあるでしょう。

4日(木)~5日(金) 北海道や東北は所々で雷雨 関東も?

4日(木)から5日(金)にかけて、上空に寒気を伴った気圧の谷が北日本付近に接近し、通過するでしょう。北日本を中心に、大気の状態が不安定になります。北海道や東北では、4日(木)午後から5日(金)にかけて、あちらこちらでカミナリ雲が発生し、急に強い雨が降るでしょう。

北陸や関東でも、にわか雨や雷雨の可能性があります。というのも、北陸や関東の4日(木)と5日(金)の最高気温は28度から30度くらいの所が多く、地上と上空の気温差が大きくなります。このような状態では、雲が発達しやすいでしょう。発達した雲の下では、落雷や急な強い雨だけでなく、竜巻などの突風が吹くことがあります。屋外での活動は、空模様の変化に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい