あす 所々でカミナリ雲が発生 激しい雨や突風に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす 所々でカミナリ雲が発生 激しい雨や突風に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


6月1日(月)は、九州から東北にかけて、曇りや雨でしょう。所々でカミナリが鳴り、激しい雨が降ることがある見込みです。カミナリ雲の下では突風が発生することもあります。

6月1日(月) 九州~東北 あちらこちらで雲が発達

6月1日(月)は、本州付近に南から暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。上空5700メートル付近には、マイナス12度以下の寒気が入る見込みです。地上付近の気温が上がる午後を中心に、上空との気温差が40度くらいまで広がり、大気の状態が不安定になります。カミナリ雲が発生しやすいでしょう。

九州から東北は、雲に覆われて、すっきりしない空模様です。

九州北部や中国地方は午前中から、四国や近畿、北陸、東海、関東は昼頃から、東北南部は夕方から、所々でカミナリが鳴り、急に強い雨が降るでしょう。特に東海付近で雲が発達します。激しい雨が降る所があり、道路が一気に川のようになることもあるでしょう。カミナリ雲の下では、突風が発生したり、雹(ひょう)が降ったりすることがあります。建物の中など、安全な場所でお過ごしください。

梅雨前線は、南西諸島を南下する見込みです。沖縄や奄美は、昼頃にかけて雨や雷雨でしょう。

6月1日(月) 北海道は青空 真夏の暑さ続く所も

北海道は、朝から日差しがたっぷりでしょう。北海道では、ここ数日、暖かい空気に覆われています。5月30日(土)と31日(日)の最高気温は、十勝地方の帯広市や網走地方の北見市などで30度以上の真夏日になりました。1日(月)も、内陸で気温が30度くらいまで上がる所があるでしょう。夜遅くは、湿った空気の影響で、日本海側で雨が降りだす所がある見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい