北海道 週末は全国トップクラスの暑さに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 週末は全国トップクラスの暑さに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


北海道は30日(土曜日)から31日(日曜日)にかけて晴れて強い日差しが降り注ぎ、気温もぐんぐん上がるでしょう。日中は全国でもトップクラスの暑さとなる見込みです。暑さに慣れていない時期、体調を崩さないよう注意しましょう。

気圧配置は「南高北低」の夏型に

30日土曜日の北海道付近は、関東の東海上に中心を持つ優勢な高気圧に覆われます。南の地域の気圧が高く、北の地域の気圧が低い、いわゆる真夏によく現れる「南高北低」の夏型の気圧配置となり、南よりの風がどんどん入る形となります。上空1500メートル付近にも7月上旬並みの暖かい空気が入るでしょう。このため週末は各地ともよく晴れて、朝から強い日差しが降り注ぎます。気温もぐんぐん上昇し、内陸を中心に予想最高気温が25度以上の夏日となる所が多いでしょう。

特に北見や帯広などの道東の内陸部では、山越えの気流、フェーンも加わるため30度近くまで上がり、場所によっては最高気温が30度以上の真夏日となる所もありそうです。

全国でもトップクラスの暑さ

この日の全国の予想最高気温は、大阪で29度の他は25度前後の所が多くなっています。北海道のこの日の暑さは全国的にみてもトップクラスとなる見込みです。

ただ湿度は全般に低いため、蒸し暑さはなく北海道らしいカラッとした陽気となるでしょう。

日中は暑くても朝晩はひんやり

湿度が低いと汗はどんどん乾き、体は気が付かないうちに脱水状態となる恐れがあります。たとえば農作業などで長時間屋外で過ごす時は、水分補給など暑さ対策を心掛けましょう。あわせて強い日差しによる紫外線対策も必要です。

また、朝晩はほぼ平年並みの気温で、北見や帯広では朝晩と日中の気温差が20度くらいにも達します。急な温度変化で体調を崩さないよう、調節しやすい服装が良さそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい