今年も暑い夏に 梅雨の大雨の準備も 3か月予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今年も暑い夏に 梅雨の大雨の準備も 3か月予報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


今年も暑い夏になるでしょう。梅雨時の大雨に注意が必要です。25日発表の3ヵ月予報です。

今年の夏も暑くなる 気温の見通し(6~8月)

今年の夏(6~8月)も、全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温は平年並みか高いでしょう。

6月は、東日本や沖縄を中心に平年より気温が高くなるでしょう。今年は例年と異なり、外出自粛の影響で身体が暑さに慣れていない方が多くなっています。いつもより意識して休憩をとり、水分・塩分補給もするようにしてください。

本格的なサマーシーズンを迎える7月から8月の平均気温は、全国的に平年並みか高いでしょう。特に8月は、西日本・東日本を中心にかなり暑くなる予想です。ここ数年、暑く厳しい夏を迎えていますが、今年の夏もその覚悟が必要です。

今年の夏は例年と違い、ウイルス対策もしなければなりません。マスクをしていると熱がこもりやすく、さらに息苦しくなることもあります。外出の際は、風通しの良い服を着たり、日傘を使用したりして少しでも涼しく過ごせる工夫をしましょう。なるべく人混みを避け、涼しい場所を選んで行動し、適切な場所とタイミングでマスクを外して熱を逃がすことも大切です。

西日本の梅雨は大雨か 降水量の見通し(6~8月)

今年の夏(6~8月)の降水量は、ほぼ平年並みとなるでしょう。

ただし、梅雨の時期の西日本に関しては、前線や湿った空気の影響で、降水量が平年並みか多い予想です。この時期は例年通り、大雨への警戒が必要となります。

西日本・東日本で梅雨明けを迎える7月半ば頃からは、晴れる日が多くなります。とはいえ、例年、夏はゲリラ豪雨が発生しやすい時期でもあります。油断はせず、常に最新の情報を確認するようにしましょう。

【北日本】北海道・東北

【東日本】関東甲信・北陸・東海

【西日本】近畿・中国・四国・九州

もし今災害が起きたら? 複合災害に備えよう

これから本格的な梅雨シーズンを迎えます。九州北部豪雨や西日本豪雨など、ここ数年は梅雨末期の大雨による災害が発生しています。

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される今だからこそ、いざという時の避難方法について考え、しっかりと備えをしておきたいですね。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい