関東 いつまで続くの? 梅雨を思わせるような天気とヒンヤリ感 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 いつまで続くの? 梅雨を思わせるような天気とヒンヤリ感

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


きょう20日も関東はどんよりとした空で、所々で弱い雨が降りました。日中も空気がヒンヤリしたまま。梅雨のようなスッキリしない天気と肌寒さは、いつまで続くのでしょうか?

あす21日 ぐずぐず天気 空気も冷たいまま

きょう20日も雲に覆われて、所々で弱い雨が降りました。

最低気温は東京都心で10.9度で、今月に入ってから1番気温の低い朝になりました。日中も空気が冷たいままで、最高気温は15.4度でした。東京都心の最高気温は、2日連続で20度まで届きませんでした。これは、5月中旬以降、夏まででは9年ぶりのことです。

あす21日も北から高気圧が張り出し、関東付近には冷たい湿った空気が入りそうです。

厚い雲に覆われて、雨が降ったりやんだりするでしょう。午後は沿岸部を中心に、雨脚の強まる所がありそうです。

気温は朝からあまり上がりません。20度まで届かない所がほとんどで、日中も空気がヒンヤリしたままでしょう。暖かくしてお過ごしください。

23日(土)までスッキリしない天気

23日(土)にかけても梅雨前線は南西諸島付近に停滞し、前線上の低気圧が九州から関東まで進む見込みです。23日(土)までは曇りや雨で、梅雨を思わせるような天気が続いてしまいそうです。

特に、23日(土)は前線上の低気圧が関東に近づくため、雨雲のかかる所が多くなりそうです。雨脚が強まったり、風が強まったりする所もあるでしょう。

海からの湿った冷たい空気が入り続けるため、23日(土)までは最高気温は平年より低い日が多くなります。重ね着をするなど服装でうまく調整して、体調の管理にご注意ください。

24日(日)から日差し戻る 日に日に暑くなる

24日(日)は前線は南下して、関東付近からは遠ざかるでしょう。久しぶりに日差しが戻り、スッキリしない天気から解放されそうです。空気もわりとカラッとしてきて、洗濯物も外干しでよく乾くでしょう。最高気温は23度前後と平年並み。比較的過ごしやすい陽気になりそうです。

25日(月)からも日差しの出る日が多く、最高気温は25度以上の夏日の所がほとんどでしょう。汗ばむ陽気が戻ってきますので、来週前半は半袖でも過ごせるくらいになりそうです。ただ、熱中症に注意が必要です。マスクをしていても、こまめな水分補給を心がけましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい