中国地方 山陰はこれからあすにかけて天気急変のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中国地方 山陰はこれからあすにかけて天気急変のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


朝鮮半島付近の上空5500メートル付近には、この時季としては強い寒気があり、周辺では大気の状態が不安定になっています。雲の様子を見ると、日本海の西部から山陰の北の海上にかけてひときわ白く見える発達した雲があり、この雲の下では雷が発生しています。これからあすにかけて、上空の寒気は日本海をゆっくりと東へ進み、山陰を中心に大気の不安定な状態が続く見込みです。晴れていても天気が急変するおそれがあるため、空模様の変化にご注意ください。

沿岸部は強風にも注意

今夜の予想天気図を見ると、日本海には動きの遅い低気圧があります。中国地方では等圧線が込み合っており、あすにかけて沿岸部を中心に西寄りの風がやや強く吹く見込みです。瞬間的には20メートルを超えるような風の吹く所もあるでしょう。低気圧の動きが遅く、あすも風の強い状態が続く見込みです。仕事や買い物などで車を運転する際には、スピードは控えめにして、ハンドルを取られないような注意が必要です。

あすの日中は寒の戻り

あすは中国地方の上空1500メートル付近に、4月中旬から下旬並みの冷たい空気が流れ込む見込みです。山陽では晴れ間の出る所もありますが、全般に雲が広がりやすく、日差しは控えめになるでしょう。日中の予想最高気温は、広島市で24度と平年並みになるほかは、20度前後の見込みです。4月中旬から下旬並みの所が多く、日中でも上着の必要な所が多くなるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい