今年最初の台風 日本への影響は? 備えは? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今年最初の台風 日本への影響は? 備えは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


昨夜(12日)、2020年最初の台風「ヴォンフォン」が発生しました。台風1号は、次第に進路を東よりに変えて、来週には沖縄付近に接近する可能性もありそうです。

今年最初の台風発生

昨日12日午後9時に台風1号が発生しました。

台風1号は、今日13日午前9時現在、フィリピンの東にあって、北西にゆっくり進んでいます。中心気圧は994hPa、中心付近の最大風速は23m/s、最大瞬間風速は35m/sで、北東側280㎞と南西側220㎞では風速15メートル以上の強風が吹いています。

早くも列島接近か 日本への影響は?

台風1号のその後の進路は、16日(土)にかけてフィリピン付近を北上した後、進路を東よりに変える予想です。そして、18日(月)には沖縄に接近する可能性も出てきました。

台風が直撃しなくても、台風からの暖かく湿った空気が沖縄付近に停滞している梅雨前線に送り込まれ、前線の活動を活発にさせる可能性もあります。

今後も最新の台風情報を確認するようにしてください。

そろそろ雨シーズン 備えは?

10日(日)に奄美、11日(月)に沖縄で梅雨入りし、さらに台風1号も発生しました。本格的な雨シーズンがいよいよ迫っています。

いまいちど、大雨や台風についてよく確認し、万が一に備えた防災準備をするようにしましょう。

まずは、ハザードマップを確認し、お住まいの地域の危険個所などを把握するのもおすすめです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい