空気入れ替えのチャンス でも「強風注意報」や「乾燥注意報」 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

空気入れ替えのチャンス でも「強風注意報」や「乾燥注意報」

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


7日は、ほぼ全国的に風が強く、空気がカラカラに乾いています。「強風注意報」や「乾燥注意報」の発表されている所も多くなっています。乾燥すると、お部屋の空気の入れ替えに良さそうですが、火の取り扱いなどには、注意が必要です。

7日午前中 強い風が吹き 空気はカラカラに

6日は、全国的に大気の状態が不安定でしたが、一転して、7日は、本州付近は、日本海に中心をもつ高気圧に覆われてきました。ただ、午前中は、まだ全国的に風が強く吹きました。正午までの最大瞬間風速は、長崎県の雲仙岳で25.4メートル、埼玉県所沢市は、21.9メートルを観測しました。

一方、西からは、乾いた空気に入れ替わってきています。正午までの最小湿度は、長崎県の雲仙岳で7%、山口市や熊本市、鹿児島市、佐賀市、広島市などでは、20%を下回りました。

また、6日に広い範囲で雨が降った関東甲信地方でも、空気が澄んでいます。山梨県甲府市からは、「すっきりした青空」と「雪化粧が濃くなった富士山」のコントラストを楽しめました。

強風や乾燥 いつまで

7日正午現在、北海道から九州の広い範囲に「強風注意報」が発表されていて、東北から九州には「乾燥注意報」の発表されている所もあります。

7日午後は、強い風は次第におさまるでしょう。ただ、空気の乾いた状態は、東日本を中心に、8日かけて続きそうです。空気が乾くと、お部屋の空気の入れ替えにオススメですが、火の取り扱いなどには、十分な注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい