北海道 記録的早さで初真夏日に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 記録的早さで初真夏日に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


昨日(2日)、今年初めて25度以上の夏日を観測した北海道ですが、今日(3日)は、上空に真夏のような暖気が流れ込んだ影響で、昨日よりさらに気温が高くなっています。

道東の釧路市中徹別では、午前11時までに30.0度まで上がり、今年の道内初となる真夏日を観測しました。道内のアメダス整備が始まった1976年以降では5番目に早い記録となります。

最近 真夏日の観測が早まる

今日の道内は、午前中から各地で気温がかなり高く、午前7時半頃には網走地方の斜里町宇登呂(うとろ)で、25.0度と、昨日記録した今年の道内最高気温に並びました。

その後も道東を中心に気温が上がり、午前11時までの最高気温は釧路市中徹別で30.0度と、道内では今年初となる30度以上の真夏日となりました。

北海道内のアメダスの整備が始まった1976年以降で見ると、今年の5月3日の初真夏日は、史上5番目の早さとなりました。

例年、道内で初めて真夏日が観測されるのは、5月下旬から6月上旬頃のことが多くなっていましたが、最近は、それよりも早い時期に観測されることが多くなっています。

昨年までの5年のうち、2015年、2017年、2018年の3年が、今年同様、大型連休の時期に真夏日が観測されています。

それ以前の約40年では、大型連休までの真夏日は、たった2年しか観測しておらず、ここ5、6年の気温の高さが目立ちます。

ちなみに北海道の最も早い真夏日の記録は、1998年に網走地方の小清水が32.8度を記録した4月21日です。

明日以降 夏の暑さは落ち着く

明日(4日)は、低気圧の通過によって各地で雨が降る見込みです。その後、一時的に上空には冷たい空気が入るため、真夏のような暑さはいったん今日までとなりそうです。

しかし、今日の気温は暑さに慣れていない体には堪えるものですし、明日以降は気温の変動が大きくなります。体調を崩さないように十分注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい