週間 寒気南下 太平洋側は晴れてもひんやり 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 寒気南下 太平洋側は晴れてもひんやり

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


21日(火)は天気が回復して午後は晴れる所が多いでしょう。ただ、全国的に風が強まりそうです。この先、日本海側は上空の寒気の影響で曇りや雨の日が多いでしょう。太平洋側は晴れる日が多いですが、空気はひんやりで、上着が必要な所が多くなりそうです。

火曜日は天気回復 ただ強風に注意

あす21日(火)は北海道と東北の日本海側、北陸から山陰は午前中は雨の降る所が多いですが、午後は次第にやむ見込みです。天気が回復して晴れる所が多いでしょう。関東甲信から九州も午後を中心に晴れる見込みです。ただ、全国的に風が強まるでしょう。強風や高波にご注意ください。

上空には寒気 北は雨や雪も

22日(水)にかけて日本海北部の低気圧が発達しながら北東に進む見込みです。また23日(木)にかけて日本付近の上空1500メートル付近で0度以下の寒気が、本州南岸まで流れ込むでしょう。北海道は雨や雪が降り、東北の日本海側や北陸も雨の降る所が多い見込みです。関東北部の標高の高い所では雪の降る可能性もあります。関東の平野部や、東海から九州は日差しが出る見込みです。沖縄は前線の影響を受けやすく、曇りや雨の日が多いでしょう。週末にかけても北海道や東北、北陸は曇りや雨の日が多くなりますが、関東から沖縄は高気圧に覆われて大体晴れる見込みです。

晴れてもひんやり 日曜日は広く20度以上

この先の気温は最高気温、最低気温ともに平年並みか平年より低い日が多くなりそうです。特に22日(水)から24日(金)頃は日差しが出ても空気がひんやりする日が多い見込みです。西日本でも20度に届かない所が多く、買い出しなどの外出には上着が必要な所もありそうです。週末からは平年並みか高く、関東から九州は広く20度以上でしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい