局地的に雨雲発達 午後も強い雨や土砂災害に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

局地的に雨雲発達 午後も強い雨や土砂災害に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


20日昼前、東海や関東甲信の所々で発達した雨雲がかかっています。夕方まで局地的な強い雨や雷、土砂災害などに注意が必要です。

本州の南岸を低気圧が通過中 局地的に雨雲発達

20日、前線を伴った低気圧が本州の南岸付近を東に進んでいます。本州付近には暖かく湿った空気が流れ込みやすくなっているため、大気の状態が不安定で、局地的に雨雲が発達しています。20日の明け方に、高知県室戸市佐喜浜で1時間に41.0ミリの激しい雨を観測するなど、朝にかけて西日本にまとまった雨を降らせた雨雲は次第に東へと移り、20日昼前には、東海から関東甲信を中心に所々で雨脚が強まっています。

20日午後 引き続き東海~東北で局地的な強い雨や土砂災害などに注意

20日午後も、東海や関東甲信地方では雨のピークは越えるものの、引き続き局地的に発達した雨雲がかかりやすい状態が続くでしょう。夕方になると次第に雨は止む見込みです。東北地方では、北部を中心に夜まで雨が降るでしょう。各地とも短時間強雨や雷などにも注意が必要です。さらに、北海道でも、次第に雨や雪の範囲が広がる見込みです。

また、これまで降った雨で地盤が緩んでいる所があります。雨が弱まったり、止んだ後でも、引き続き土砂災害にも注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい