週間 月曜にかけて荒天の恐れ 週中頃から冷え込み続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 月曜にかけて荒天の恐れ 週中頃から冷え込み続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


19日(日)夜から20日(月)朝にかけて、九州から近畿を中心に荒れた天気になる恐れがあります。週中頃から寒気が流れ込み、内陸で霜が降りるくらいの冷え込みが続く所があるでしょう。

19日(日)夜~20日(月)朝 九州~近畿を中心に荒天の恐れ

19日(日)昼過ぎ、九州にはすでに雨雲がかかっている所があります。雨雲は次第に四国や中国地方、近畿にも広がるでしょう。九州付近には、暖かく湿った空気が流れ込みます。大気の状態が非常に不安定になり、局地的に雲が発達するでしょう。19日(日)夜から20日(月)朝にかけて、所々でカミナリが鳴り、雨脚が強まります。特に九州では、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る所があるでしょう。このような雨が降ると、土石流やがけ崩れが発生する恐れがあり、雨がやんだ後もしばらく警戒が必要になります。九州から近畿を中心に南風が強めに吹き、荒れた天気になる恐れがあります。また、カミナリ雲の下では、竜巻などの激しい突風が発生することがあります。安全な場所でお過ごし下さい。

20日(月) 東海付近に発達した雨雲かかる

20日(月)は、本州付近を低気圧が東へ進むでしょう。低気圧に向かって、暖かく湿った空気が流れ込みます。九州や四国、中国地方、近畿の雨のピークは朝まででしょう。東海は、朝から昼前にかけてカミナリを伴って激しい雨が降る所がある見込みです。北陸や関東も昼過ぎにかけて、東北は日中いっぱい雨雲がかかるでしょう。北海道も午後は次第に雨が降る見込みです。

21日(火)以降 週中頃からしばらく低温か

21日(火)以降は、北日本付近の上空5500メートル付近で、マイナス30度くらいの強い寒気が度々流れ込むでしょう。この寒気は、日本海で雲を発達させます。北海道から北陸の日本海側を中心に雨が降る見込みです。標高の高い所では雪になるでしょう。

上空1500メートル付近では、0度以下の寒気が次第に南下し、23日(木)は本州の南まで下がる見込みです。関東でも北部の山で雪が降る可能性があります。

週中頃から、最高気温、最低気温ともに平年より低い日が続く所が多いでしょう。冬に逆戻りというほどの寒さはないものの、内陸では霜が降りるくらいの冷え込みが続く所がありそうです。せっかく芽吹いた植物のプランターなどは、室内に入れておくとよいでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい