18日 東海、関東、東北は大雨の恐れ 暴風も吹き大荒れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

18日 東海、関東、東北は大雨の恐れ 暴風も吹き大荒れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


上空に強い寒気を伴った低気圧や前線の影響で、19日(日)にかけて東海や関東、東北の太平洋側を中心に大雨になる恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意してください。また、九州から関東は、竜巻などの激しい突風やヒョウにもご注意ください。

滝のような非常に激しい雨 各地で大雨の恐れ

上空に強い寒気を伴った低気圧が18日夜にかけて、日本海を東へ進む見込みです、また、前線を伴った別の低気圧が18日朝には西日本の太平洋側で発生し、18日夜にかけて発達しながら東日本の太平洋側を東よりに進むでしょう。

低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、今夜にかけて九州から関東は大気の状態が非常に不安定でしょう。

九州から近畿では18日朝まで、東海から関東では18日夕方にかけて、東北地方では18日昼過ぎから19日明け方にかけて、雷を伴った激しい雨が降り、東海や関東では局地的に滝のような非常に激しい雨が降って、大雨になる所があるでしょう。関東の雨のピークは昼前後になりそうです。天気的にも不要不急の外出は避けた方が良さそうです。

19日6時までの24時間に予想される雨の量(多い所で)

東海地方で180ミリ

東北地方や関東甲信地方で150ミリ

伊豆諸島で120ミリ

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫になどに警戒・注意くしてださい。

暴風や高波に警戒

低気圧の発達に伴い、九州から北海道の広い範囲で19日にかけて強い風が吹くでしょう。

関東や東海では18日夕方にかけて、東北の太平洋側では昼過ぎから19日明け方にかけて非常に強い風が吹く恐れがあります。

19日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)

関東甲信地方で23メートル (35メートル)

東北地方、伊豆諸島で20メートル (30メートル)

何かにつかまっていないと立っていられず、車の運転は通常のスピードでは困難なほどの非常に強い風です。

19日にかけて予想される波の高さ

東北地方で6メートル

関東地方で5メートル

東北の太平洋側では大しけになる所があるでしょう。

大荒れはいつまで?

九州から近畿の雨は18日朝までで、近畿では局地的にカミナリを伴って、雨脚が強まるでしょう。日中は天気が回復してきますが、今夜にかけて大気の状態が非常に不安定です。局地的に落雷や突風などに注意が必要です。

東海や関東は18日夜、北陸は19日昼頃に雨は止む見込みです。ただ、今夜遅くまでは、落雷や竜巻などの激しい突風やヒョウにご注意ください。発達した積乱雲が近づく兆しがあるときは、建物内に移動するなど安全を確保してください。また、ヒョウの降る恐れがありますので、農作物や農業施設の管理にもご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい