中国地方 木曜日までの晴天を活用しましょう 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中国地方 木曜日までの晴天を活用しましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


あす(15日)からあさって(16日)にかけては、全般におおむね晴れる見込みです。洗濯や室内の換気には、うってつけの天気になるでしょう。金曜日からは雲が広がりやすく、雨の降る日が多くなるため、貴重な晴れの天気になりそうです。ヒノキ科の花粉は飛散のピークを過ぎましたが、洗濯物を取り込む際にはよく花粉を落とすようにしましょう。

晴れた日は気温の変化に注意

15日(水)と16日(木)は高気圧に覆われて、日差しに恵まれるでしょう。朝は地上の熱が奪われる放射冷却現象が強まり、内陸部では遅霜の降りるくらいの冷え込みになる見込みです。一方、日中は日差しの後押しを受けて、気温が急ピッチで上がるでしょう。グラフは、広島市中区(沿岸部)での気温差の予想ですので、内陸部ではさらに気温の差が大きくなりそうです。体調の管理には十分にご注意ください。

雨の後には

中国地方では、初夏を代表するツツジやハナミズキが街を彩るようになり始め、イチョウやクスノキなどの新芽が目立ってきました。私たちの周りでは、日に日に春から初夏への衣替えが行われています。17日(金)からは天気がぐずつき、この雨の後には季節が一歩前に進みそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい