四国 大気の状態不安定 まとまった雨 山地では雪も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

四国 大気の状態不安定 まとまった雨 山地では雪も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


上空に強い寒気を伴った低気圧が本州の南岸を進んでいます。この影響で四国地方では、きのうからきょうにかけて大気の状態が非常に不安定となり、各地でまとまった雨となっており、標高の高い所では雪の降っている所があります。

24時間降水量4月としては観測史上最大も

13日9時までの24時間降水量は、各地で50ミリを超え、4月としては観測史上最大となっている所が多く、愛媛県今治市の玉川では100ミリを超える大雨となっています。

瀬戸内側中心に引き続き雨の降り方に注意 寒さ対策も

低気圧は次第に東へと進み、太平洋側ではまとまった雨雲は抜けてきました。一方、瀬戸内側では吹き返しの北寄りの風と共に雨雲が流れ込み、夜のはじめ頃まで雨が続くでしょう。急な強い雨や落雷、河川の増水などに注意してください。また高知県西部や愛媛県南予では、夕方にかけて暴風や波浪に警戒が必要です。その他の地域でも強風や高波に注意してください。また日中の最高気温は、瀬戸内側では10度に届かない所が多く、真冬の寒さとなりそうです。重ね着をするなど暖かくしてお過ごしください。

この先も、数日の周期で天気が代わり、気温のアップダウン続く

あす14日(火)は晴れ間が戻り、16日(木)にかけておおむね晴れる見込みです。気温は20度前後まで上がり、春の陽気が戻るでしょう。その後、17日(金)から18日(土)にかけては、低気圧が本州付近を進むため雨が降り、気温は平年を下回りそうです。4月は、1年のうちで最も気温の上昇幅が大きい月です。一方、まだ寒さが戻ることもあり、寒暖差の大きい月ですので、この先も体調管理に気をつけましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい