低気圧が発達 どしゃ降りの雨に吹き荒れる風 暴風警報も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

低気圧が発達 どしゃ降りの雨に吹き荒れる風 暴風警報も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう13日は、全国的に大荒れの天気です。あちらこちらに活発な雨雲がかかり、風も強まっています。暴風警報の発表されている所も。午後も局地的に激しい雨が降り、暴風が吹き荒れるでしょう。

三重県では息苦しくなるほどの雨も

きょう13日は、低気圧が本州南岸にあって発達しています。このため九州から東北南部の広い範囲に雨雲がかかり、所々で雨脚が強まっています。未明には三重県尾鷲市で1時間に106.0ミリと、猛烈な雨を観測しました。また、昼前には東京都の三宅島で1時間に50ミリを超える非常に激しい雨を観測。そのほか三重県や和歌山県でどしゃ降りの雨となっている所があります。

広く強風注意報 暴風警報も

強い風も吹き荒れています。傘がさせないほどの風が吹いて、あちらこちらで横なぐりの雨となっています。静岡県の石廊崎では最大瞬間風速31.3m/sを観測しました。午前11時現在、広い範囲に強風注意報が発表されており、暴風警報の発表されている所もあります。

荒天長引く

低気圧は動きが遅いため、荒れた天気が長く続きます。今夜にかけても局地的に雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。また、九州から関東では今夜にかけて、北陸や東北ではあすにかけて非常に強い風の吹く所がありそうです。車の運転は道路の冠水や強い横風に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい