九州 13日夜にかけて暴風・高波に警戒 寒の戻り 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 13日夜にかけて暴風・高波に警戒 寒の戻り

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


13日、九州は発達した低気圧の影響で、北風が強まり、荒れた天気になっています。九州南部はきょう昼過ぎまで、九州北部は大分県を中心に今夜初めにかけて暴風のおそれがあります。海上や沿岸を中心に暴風や高波に警戒して下さい。また、気温が大きく下がり、強い寒の戻りになりますので、暖かい服装でお過ごし下さい。

台風並みの暴風

上空に強い寒気を伴った低気圧が発達しながら本州南岸付近を東へ進んでいます。このため、九州は全般に北よりの風が強まっており、瞬間的に20メートル/秒を超える突風が吹いています。

きのう12日からきょう13日午前10時までの最大瞬間風速は、長崎県雲仙岳で30.3メートル、福岡県福岡市25.2メートル、佐賀県唐津市24.8メートルなど、台風並みの暴風が吹いた所もありました。

低気圧は動きが遅いため、このあとも影響が長引く見込みです。九州南部は昼過ぎまで、九州北部は今夜初めにかけて暴風のおそれがあります。海上や沿岸を中心に最大瞬間風速は25メートルから30メートルの突風が吹く所があるでしょう。海上はしけや大しけが続きます。暴風や高波に十分警戒して下さい。

強い寒の戻り

きょう九州の上空には真冬並みの強い寒気が流れ込んでおり、気温が大きく下がっています。13日の予想最高気温は、九州北部は11度前後、九州南部は16度前後と季節が後戻りします。強い北風も吹いて、体感的には気温以上に寒く感じられますので、暖かい服装でお過ごし下さい。

強い寒の戻りとなりますので、体調管理にも気をつけましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい