あす 九州~東北は暴風・大雨に警戒 竜巻の恐れも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす 九州~東北は暴風・大雨に警戒 竜巻の恐れも

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


13日(月)は、九州から東北にかけて、横殴りの雨になるでしょう。暴風に警戒が必要です。雨雲は局地的に発達し、大雨になる恐れがあります。竜巻が発生することもあるでしょう。

12日(日)夜にかけて低気圧が急発達

12日(日)夜にかけて、上空5500メートル付近でマイナス30度以下の強い寒気が大陸から東シナ海に南下するでしょう。南西諸島付近の低気圧は急速に発達し、夜には四国の南まで進む見込みです。

九州や四国、中国地方、近畿は、次第に風が強まります。瞬間的に25メートルから30メートルの北または東よりの風が吹く予想です。風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出るくらいの風で、雨は横殴りとなるでしょう。カミナリが鳴り、激しい雨が降る所もある見込みです。

東海も昼頃から、雨が降り出している所があり、北陸や関東も夜は広く雨が降るでしょう。次第に風も強まります。

13日(月) 九州~東北 荒れた天気

13日(月)は、上空の強い寒気は、本州付近を東へ進むでしょう。四国の南の低気圧は東進し、新たに東海道沖で低気圧が発生し、東へ進む見込みです。

九州から関東は、強風と雨が続くでしょう。東北も広く雨が降り、風が強まります。東北北部では、雨は次第に雪に変わる所が多いでしょう。

13日(月)にかけて予想される最大瞬間風速は、九州南部、九州北部地方、四国地方、中国地方、近畿地方、東海地方は35メートル、東北地方は30メートルです。関東地方では、13日(月)に予想される最大瞬間風速は30メートルです。

低気圧が予想よりも発達した場合は、警報級の暴風になる可能性があります。最新の気象情報をご確認下さい。

雲が発達 局地的に大雨・竜巻など突風の恐れも

上空に寒気が入っている状態で、低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になります。雲が発達しやすく、急にカミナリが鳴り、雨脚が強まるでしょう。

特に雲が発達しやすい地域と時間は、九州北部と四国、近畿の太平洋側は12日(日)夜から13日(月)の未明、東海は12日(日)夜から13日(月)の夜、関東は13日(月)の明け方から昼前です。局地的に激しい雨が降り、一気に道路が川のようになることがあるでしょう。東海では、発達した雨雲が停滞することが考えられます。局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、警報級の大雨になる可能性があります。中国地方では雨が降り続き、総雨量が多くなる見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。

発達した雲の下では、竜巻などの激しい突風が発生したり、雹(ひょう)が降ったりすることがあります。できるだけ、建物の中など安全な場所でお過ごし下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい